■ レビトラの効果

レビトラは勃起の持続を阻害する酵素を抑制するというED治療薬で、バイアグラに次いで登場したものです。

勃起不全を改善する目的で服用するのですが、正確には勃起した状態を持続させる治療薬という事になります。

短時間での効果が期待できるという点はバイアグラと似ていますが、即効性においてはさらに優れた内容となっています。

レビトラとバイアグラの大きな違いは、食事を摂った後の服用が可能であるという点です。

バイアグラは食事により効果が半減してしまうので、空腹の状態で性行為を行わなければならないというのが問題でした。

薬を服用して勃起させるという事は、体にはどうしても負担がかかってしまいます。

その上で空腹の状態で性行為を行うと疲労も増加します。

これに対して、レビトラは標準的な食事であれば服用前の摂取が可能です。

脂質の高い食品でなければ、効果が半減する事はありません。

食事を摂取してから性行為を行う事が出来るので体に優しい内容です。

■ バイアグラ以外で抗生物質って何だろう?

みなさん、抗生物質を医者に処方された経験ってありますよね、抗生物質とは何かきちんと理解していますか?

抗生物質とは、細菌をやっつける薬です。

ですから、熱を下げたり、風邪を早くす薬ではないんです。抗生物質が効くのは細菌性の病気です。

例えば、溶連菌や、百日咳などの病気です。

子供がよくかかる、おたふく、みずぼうそう、ロタウィルスなどはウィルス性なので抗生物質は全く効きません。

しかし、風邪を引いたと思い医者にかかると必ずといっていい程、抗生物質を処方されますよね。

それは、細菌性かウィルス性かを見分けることが難しいからです。

よくある咳や鼻水の症状が長引く場合には、経過を見ながら抗生物質が処方されるようです。  

■ 度を過ぎるのは何事にもよくない

お酒を飲んだ時にセックスをしたくなるという人はけっこうたくさんいる気がいます。

実は私もその一人で、若い頃からお酒を飲んでは風俗に行ったことがよくありました。

しかし、私の場合、飲んだ量と勃起能力は反比例するみたいで、最後まで至らずに トボトボと帰ったことが幾度となくありました。

また緊張するようなシチュエーションもよくないみたいで、めちゃきれいな人と いざっていう時に言う事をきかないという失敗もありました。

今ならバイアグラを始め勃起不全によく効く薬もあるのでそんなことにはならないと思いますが、その頃はそんなものもなく、ひたすら落ち着け落ち着けと自分に言い聞かせるほかなく、それがかえって焦りとなって悪循環に陥りました。

いつまたそんなチャンスがめぐってくるかわかりませんが、その時に備えて普段からバイアグラ等を準備しておこうと思います。

ページのトップへ戻る